誰でもできる!バースデー・ドネーションキャンペーンをしてみませんか?

誰にでも訪れる誕生日。家族や友人にお祝いしてもらうのは嬉しいし、お祝いしてあげるのも楽しいですね。
その「おめでとう」の気持ちを、友人や知人からお祝いの代わりに、支援したい団体のために寄付を募るキャンペーンです。

どうやって始めるの?

海外ではさかんに行われているバースデー・ドネーション。日本ではまだなじみが薄いのですが、Syncableというサイトで、テンプレート文章を使って簡単に始めることができます。

自分の誕生日をお祝いしてください!というとなんだか照れてしまいそうですが、記念日は大切な人生の節目。バースデードネーションを通して今までの生活を振り返ったり、新たな友達ができたり、また寄付をすることで社会がどう変わっていくか考えるなど、新しい視点をもって次の1年をスタートすることができます。

寄付は500円からできますので、周りの人たちにカフェでコーヒー1杯をご馳走してもらうような、気軽な気持ちで始めてみてはいかがでしょうか?身近な人だけに声を掛けて、フレンドリーなバースデー・ドネーションにしてもいいですね。あなただけの、あなたらしいキャンペーンをしてみてください。

バースデー・ドネーション キャンペーンを行ったメンバーの感想

実際にバースデード・ネーションを行ったメンバーの感想がウェブマガジン「ひつじの。」に掲載されています。バースデー・ドネーションを行ってみたい人や、興味がある人はご覧ください。

誕生日には“モノ”ではなく“コト”を送ろう!瀬下さん、バースデードネーション目標額200%超を達成

寄付はどのような用途に使われますか?

みんなでつくるヴィーガンレシピ集「V-cook」に新しい機能を追加したり、ヴィーガンの”体温のある声”を届けるメディア「ひつじの。」の取材費用として使われます。

バースデードネーションの始め方

  1. Syncableのバースデードネーションページで、「バースデードネーションを始める」ボタンを押す バースデードネーション作成ページ
  2. 目標金額、開催期間、誕生日、もしあればTwitter IDを入力する バースデードネーション作成ページ
  3. バースデードネーションページに表示したい画像、伝えたい文章を入力する(テンプレートあり) 
  4. 完成!

寄付を集めるためのコツ

  • タイトルには注目が集まりそうな文章や、伝えたいメッセージを盛り込んでみましょう。
  • 寄付のお願い文章には、ご自分のストーリーを書いてみましょう。なぜその団体を応援したいのか?どのような気持ちで寄付を集めたいか?など、あなただけの物語や気持ちを伝えてみてください。
  • 開催期間は誕生日の前後2週間くらいずつ、誕生日が期間の真ん中あたりにくると、開催のお知らせスタートからじわじわと話題が広がってきたときに誕生日がやってきます。誕生日の後は、遅れて話題が広がった人たちがお祝いしてくれます。
  • 開催のお知らせをする前に、ご家族や親しい友人に寄付をお願いして「0円からのスタート」をさけましょう。現在の寄付額が0円と表示されると、一番乗りにためらってしまう人がたくさんいます。
  • もし時間に余裕があったら、ご自分のバースデードネーションページに表示する画像にもこだわってみてください。表示されたときにメッセージを含んでいたり、寄付に関連した写真が目に入ると、文字だけでは伝えきれないたくさんの情報を伝えることができます。
  • バースデードネーションページを公開したら、SNSやメッセンジャーなどを使って、友人や知り合いにキャンペーンを伝えましょう。