【活動報告】Youth Ideathon for 2020へアジェンダオーナーとして参加しました。

2019年8月21-22日、NPO法人日本ヴィーガンコミュニティが学生団体アイセックが主催するYouth Ideathon for 2020(協力:パナソニック株式会社、特定非営利活動法人エティック)へ、アジェンダオーナーとして参加しました。

Youth Ideathon for 2020

「Youth Ideathon for 2020」へは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの際に生じる課題の解決策を出し合うアイデアソンです。

日本ヴィーガンコミュニティは、代表理事 工藤柊、理事 山崎由華をがアジェンダーなーとして参加し、2020年に想定されるベジタリアンやヴィーガンに関する情報と課題を提案しました。

当企画は、学生団体アイセックの国際会議における1企画です。
オリンピック・パラリンピックに向けて、社会の課題に対して様々な活動をされているAgenda Owner様の問題意識を核とし、それを応援する形でアイデアを出し合い、若者の群としての行動を生み出します。
若者の意志ある挑戦を応援する文化を浸透させ、たくさんの「社会をよくする挑戦」が生まれ、社会の企業様団体様による応援行動が増えていく契機となっていくことを理想としています。


アイセック・ジャパンより引用

Youth Ideathon for 2020へ参加して、日本ヴィーガンコミュニティを知った皆さまへ

日本ヴィーガンコミュニティは、全国100名以上のメンバーと共に、誰もがヴィーガンを実践できる”Hello Vegan!”な社会を創る、協同組合モデルのNPO法人です。

ヴィーガンレシピサイト「V-cook」や、ヴィーガンの体温のある声を届けるウェブメディア「ひつじの。」、ヴィーガン食のイベント「ヴィーガンジャンクナイト」など、日本でベジタリアン・ヴィーガンが暮らしやすい環境を創るために活動しています。