【活動報告】Ashoka Youth Social Venture Fundraising Pitchへ参加しました。

2019年7月20日、日本ヴィーガンコミュニティ代表理事 工藤柊は、一般社団法人アショカ・ジャパンが主催する「Social Venture Fundraising Pitch」へ登壇しました。

Ashoka Youth Social Venture Fundraising Pitchとは

アショカは「Everyone a Changemaker(誰もがチェンジメーカーの世界)」をビジョンに掲げ、1980年米ワシントンでの発足以来、現在世界90カ国以上で活動しています。

社会起業家の発掘・支援のほか、若者チェンジメーカーが育つ環境づくりにも取り組んでおり、2011年には東アジア初の拠点としてアショカ・ジャパンを設立しました。

【HP】アショカ・ジャパン

「Ashoka Youth Social Venture Fundraising Pitch」は、アショカ・ユースベンチャーをはじめ「U30アショカフレンズ・メンバー」など約100人の中から立候補した13人のチェンジメーカーから、4人の若者ソーシャルベンチャーが選出されてのピッチプレゼンです。

https://www.fiat-auto.co.jp/ciao/sharewithfiat-ashoka2019/?fbclid=IwAR1F4rwBCThM8DXimykwdwjwpeO8rzsheKeGCEAhArqvUh-euAqQI7iOdu8

V-cook(ブイクック)について

登壇した代表理事 工藤柊は日本ヴィーガンコミュニティが運営する、ヴィーガンレシピ投稿サイト「V-cook(ブイクック)」についてプレゼンし、支援者を募りました。

V-cookは「みんなでつくるヴィーガンレシピ集」をコンセプトとし、登録したユーザーが植物性のみで作った料理のレシピを投稿し、誰でも検索できるレシピサイトです。

V-cookを使ってみる

Ashoka Youth Social Venture Fundraising Pitchへ参加して、日本ヴィーガンコミュニティを知った皆さまへ

日本ヴィーガンコミュニティは、全国100名以上のメンバーと共に、誰もがヴィーガンを実践できる”Hello Vegan!”な社会を創る、協同組合モデルのNPO法人です。

ヴィーガンレシピサイト「V-cook」や、ヴィーガンの体温のある声を届けるウェブメディア「ひつじの。」、ヴィーガン食のイベント「ヴィーガンジャンクナイト」など、日本でベジタリアン・ヴィーガンが暮らしやすい環境を創るために活動しています。

Ashoka Youth Social Venture Fundraising Pitchを見て、V-cook(ブイクック)を知った皆さまへ

V-cook(ブイクック)は、植物性のみのヴィーガン料理のレシピを検索・投稿できる日本初のレシピ投稿サイトです。

2019年8月現在、370以上のヴィーガンレシピが投稿されており「ヴィーガン料理のレパートリーが広がった」「肉や魚がなくてもこんな料理が作れるのは驚いた」などの声をいただいています。

V-cookは、誰でもヴィーガンレシピを検索することができ、無料登録することがで自身のお気に入りのレシピを投稿したり、気に入ったレシピを保存する機能を使用することが可能です。